主婦による、主婦の為の生活の知恵。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンタクトレンズのように落とすとなかなかみつからない細かい探し物には、掃除機を利用します。

ホースの先にナイロン靴下をかぶせ、輪ゴムでとめます。

スイッチを入れると、靴下はホースの中に少し吸い込まれて袋状になります。

これで床をさぐれば、落とし物は袋の中に吸い込まれるというわけです。
スポンサーサイト
ジョギングの途中で靴ひもがほどけるのはわずらわしいもの。

特に新しいシューズはひものなじみが悪く、しっかり結んだつもりでもいつの間にかほどけてしまうことがよくあります。

こんなときは、蝶結びの輪の部分をもう一度かた結びにします。

これで絶対にほどけません。

自分でほどくときは結び目が大きいので意外と楽にほどけますから、かたく結んでも大丈夫です。
切り花を生けるとき、花びんの中に十円玉をニ~三個入れておきます。

十円玉は銅貨なので、水中に銅イオンが少しずつ出て、草花が腐るのを防ぎます。

特に夏場におすすめしたい方法です。
ネックレスやブレスレットの鎖がからまってしまったら、両手にはさんでもんでみます。

そのとき、からまった場所にベビー・パウダーをふりかけると、滑りがよくなり、いっそう楽にほどけます。
ガラスを切るには専門的な道具が必要だと思いこんではいませんか。

実は、あまり厚くないものなら、ハサミでも切れるのです。

ポリバケツなどの容器に水をいっぱい満たし、ガラスをすっぽりつけます。

こうして水中に手を入れ、ハサミでガラスを切ってみましょう。

不思議なことに案外簡単に切れてしまいます。

ガラスの切り口で手を傷つけないようゴム手袋をはめるのを忘れないように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。